電気の使用が多くなりそうなら、古い物件は電気の容量が小さいので、なるべく築浅の賃貸物件がおすすめです。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

築浅の賃貸物件は電気の容量が全体に大きめ

賃貸住宅を探す時、電気を沢山使う予定がある人は、なるべく新しい物件を選ぶのが良いと思います。築年数が経った古い物件は、電気の容量が小さくて、すぐにブレーカーが落ちてしまうことがあるからです。新しい物件だと、オール電化になっていることがあります。オール電化の家は、全体に電気の容量が大きいと思って良いです。実際、よほど一度に電気を使わなければ、ブレーカーが落ちることは滅多にありません。ガスもあった方が良い、という場合も、築年数が浅い物件の方が全体に電気の容量が大きめなのでおすすめです。古い物件でも、容量変更が出来る可能性はありますが、条件や制限が付くことがあるので、やはり最初からブレーカーを見て容量チェックをしておくと良いです。

過去に私は、築年数が三十年以上は経っている家に住んでいたことがあります。この家に住んでいた頃、炊飯器や電子レンジのように、一度に使う電力が大きい家電の使用には、いつも慎重でした。うっかり同時使用すると、必ずと言って良いほどブレーカーが落ちました。容量の小ささは、昔の家ではあまり電気を使っていなかったということでもあるのでしょうか。それだけ現代の家は、電力使用が多いのだと実感しました。新しい物件は、全体に電気の容量が大きいことは確かです。便利な家電をよく使う人は、なるべく築浅の物件を選び、事前に容量をチェックするのがおすすめです。ただ、節電の心がけは忘れないようにしたいところです。

お勧めのサイト