分譲にも賃貸にもメリット、デメリットは存在します。どちらでも自分のライフスタイルに合った方を選びましょう。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

分譲と賃貸のメリットとデメリット

就職や転職などをきっかけに引越しをする人の中には分譲にするか賃貸にするか悩む人も多いのではないでしょうか。どちらにも一長一短あり、簡単には決められませんよね。一般的に分譲のメリットは何でも自分の好きな様にする事が出来る点があげられます。自分で住むのももちろん良いですし、人に貸すのも売るのも自由自在です。また家族が増えて部屋が狭くなった時には増改築などのリフォームを行う事が出来ますし、資産として後々、子供に残す事も出来ますよ。デメリットは家の維持費や管理を自分でしなければならない点や、何か不都合があっても簡単に引っ越す事が出来ない点などがあります。

一方、賃貸のメリットは子供が独立するまでや定年退職後に夫婦で住む家など自分たちの暮らしに合わせて住み替える事が可能ですし、失業や収入が減った時などもっと安い家賃の家へ気軽に引っ越す事が出来ます。また、分譲の様に家の管理などもしなくて良いので楽ですよ。逆にデメリットは、持家ではないので家主との契約期間が切れたら家を出なければならない事や、資産として残す事が出来ない点があげられます。ゆっくり考えて、どちらでも自分のライフスタイルに合った方を選んで住むようにしましょう。