これからの時代賃貸も積極的にペットを飼うことを認めていかないと入居者集めに苦労することになるでしょう。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

ペットが飼える賃貸の需要について

昔は賃貸というとペットが不可というのが普通でしたが、最近ではかなりの物件でペットを認めるようになっています。実際賃貸情報サイトを見てみると大抵のところでペット可かどうかの検索が出来るようになっているし、それだけペットと一緒に住むことを望む人が増えているということでしょう。こうした傾向はペット可物件を増やす意味でも良い傾向です。たとえば昔のようにペットが不可だという常識があればたとえ犬を飼いたくても最初から飼わないという人が多くなるわけです。しかし賃貸でもペットが飼えるのが常識になればそうした遠慮も必要ありません。

したがってペットを飼う人が増えるし、そうした人が増えればペット可物件の需要はますます増えるのだからさらに多くの賃貸でペットを飼うことが認められるようになるでしょう。ところでこのようにペットを多くの人が飼う背景として少子化とか晩婚化といった社会問題が背景にあることは容易に想像できるでしょう。一人暮らしというのは寂しいものだし、せめてペットでも飼いたいと思うのは当然のことです。したがってペットを飼う人はこれからも増え続けるでしょうし、賃貸としてもペットを飼うことを認めていかないと入居者獲得に苦労するようになるかもしれません。