女性の一人暮らしには、防犯性能の高い物件が好ましく、一人暮らしに相応しい賃貸物件について説明します

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

女性の一人暮らし用賃貸物件

女性の一人暮らしには何かと不安が付き物です。犯罪に巻き込まれたり、しつこい勧誘の対策など、女性が一人暮らしする際に気を付けたい賃貸物件の設備や概要について説明いたします。まず、エントランスのセキュリティ設備、玄関ドアのオートロックと、モニター付きのインターホンは必須と考えましょう。賃貸物件の玄関であるエントランスは不法侵入者に対する第一の関門ですので、セキュリティ設備がない物件は敬遠しましょう。

オートロックに関しては、玄関ドアの鍵のかけ忘れを防止するためですので、こちらも必ず必要な設備となります。またインターホンは出来ればモニター付きで、録画機能付きのタイプが設置されていることが好ましいです。不審者が撮影されるという印象を与えることで、抑止力の効果も高いです。次にあれば嬉しい仕様として、玄関ドアの鍵がディンプルキーで、2つ以上の鍵穴が付いてることが望ましいです。ディンプルキーは複製が難しく、ピッキングの難易度も高いため容易にこじ開けられませんし、2つ以上鍵穴があると、それだけで断念してしまう効果があります。

このように女性の一人暮らしの危険性を少しでも解消するためには、セキュリティや防犯性に優れた賃貸物件を選ぶようにしましょう。

お勧めのサイト