賃貸物件では洗面室や浴室などは一日の疲れを癒す場所なので機能的で快適性の両面から考えて物件を選ぶことです。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

賃貸物件での浴室や洗面室の選び方

賃貸物件を選ぶ時、家族が多ければ洗面室などは手洗いから洗濯まで色んな用途を兼用していますので良く確認して決めたいもんです。脱衣室や洗濯室を兼ねていたり、中にはトイレと一体化したプランもあります。このように兼用しているとスペースの効率化がはかれるだけではなく、お風呂の残り湯を洗濯に使えたり便利な面もあります。しかし、一方では脱衣室を利用している最中は他の人が使えない不便さもあります。洗面室などはこまごました手洗いや歯磨き、洗顔などが多く毎日使うものなので、出し入れしやすく、使い勝手が良く今後収納するものが増えることも想定してスペースは多めの収納を選ぶべきです。

お風呂も一日の疲れを癒す場所ですので機能的で快適なお風呂を選びたいものです。浴室も広さも重要で最低でも0,75坪以上、家族で一緒に入るなら1,25坪ぐらいあるのが理想です。又、浴室は特に安全面の配慮が必要です。お年寄りがいればパリアフリーの観点から広めが理想です。お風呂は明るい場所が理想ですが一般的にはリビングなどを明るい南側に配置してある為しかたないですが、キッチンからすぐに浴室に行ける北側浴室は作業をしながら子供が小さい間は子供のお風呂の様子を見に行ったり洗濯したりが便利です。

お勧めのサイト