賃貸物件には、10年間住むという契約をすると割引される物件もありますが、利用希望者は少ないようです。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

10年契約の割引プランがある賃貸について

割引という言葉に弱い人も多いかと思いますが、10年契約を交わしたら家賃が割引されるという賃貸物件もあります。10年契約するということは、10年間という期間、その部屋に住み続けなければなりません。割引ならばOKと考える人もいれば、10年は長過ぎると感じる人もいるようです。実際、10年契約で割引が受けられるならば契約したいかどうかを調査した所、しないと答えた人が72%で、したいと答えた28%を大きく上回りました。したいと答えた人は、自分が納得して決めた物件ならば良い、本当に価値のある物件ならば10年は長くないと考えているようです。多数派だった契約しないと言う人達は、転勤などの可能性があり心配、住む場所が固定されてしまうようで嫌、途中で解約したくなった場合の手続きがよくわからない、などと感じているようでした。

いずれにせよ、家賃が安いに越した事はないけれども、自分が住む場所なので10年後のことまで考えて契約するのは抵抗があるようです。実際、持家を建てれば10年以上住むのが普通ですが、賃貸という機能上、10年契約をするのは長いし、何かと限定されてしまうようで不便そうと感じる人が多いようです。今後の動向に注目ですね。