事前に間取りの特徴などを知ってから賃貸物件を探す方がそれぞれのライフスタイルに合った希望の物件が見つかります。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

ライフスタイルに合った賃貸物件

賃貸マンションの場合間取りに色々なバリエーションのある物件なら、間取りを重視するという選択もあります。リビング・ダイニングキッチンにプラス三部屋の3LDKタイプが主流ですが、南向きが人気を集めているので、3LDKの間取りは南北に細長く、ベランダに面した南側にLDKを、北側に居室があるのが一般的なようです。そのなかでも多いのが振り分けタイプで廊下が中央にあり、各室が田の字型に配置されたタイプです。日当たりを気にする人はワイドスパンというタイプがあり、奥行きよりも間口が広くLDプラス二部屋を南向きのバルコニーに面して配置した南面三室タイプで日当たりが良い分、柱や梁が多く太くなります。

又、建物の両端に位置する角住戸は、三方向に窓が付けられるので、日当たり、風通しが良く、住戸外からのプライバシーが守れます。その一方で開口部が多いので外気の影響を受けやすく、窓が多く壁が少ない分、家具を置く場所が限定されてしまいます。このような間取りを知ることで希望とする賃貸物件が探しやすくなります。それぞれのライフスタイルによっても家族全員で使うスペースとプライベートスペースをどう使うかで選ぶべき間取りも違ってきます。

お勧めのサイト