賃貸物件の下見に行く時は部屋の中はもちろん、他の入居者や物件の周辺の雰囲気などもチェックするようにしています。

古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには
検索フォーム
人気の記事
古い1DKの賃貸物件を蘇らせるには

賃貸物件の下見は入居者や周辺の雰囲気もチェックしています。

私は賃貸物件を借りる時は必ず物件の下見に行くようにしています。それは当たり前のことですが、私はその建物に住んでいる人の雰囲気もチェックするようにしていますし、物件の周辺の雰囲気もチェックするようにしています。物件の中身の下見では間取りは自分が気に入るものかや物置が有るかどうか、そして日当りの良さなどを重視して物件を見るようにしています。そして物件のがある建物に住んでいる人はよくチェックするようにしています。それはどうしてかというと、住み始めてから騒音問題や入居者同士のトラブルに巻き込まれないようにするためです。ですから実際に住んでいる人たちの客層をよく見るようにしています。たったそれだけのことですが、非常に重要なことですし、必ずしておいた方がよい作業です。おかげで私が今まで住んだ賃貸物件では何の問題に巻き込まれることなく快適に住むことが出来ました。

そして物件の周辺の雰囲気も非常に重要です。ですから私は自分が気に入った賃貸物件を夜の時間帯に見に行くようにしています。夜とお昼とで全く違った雰囲気になる場合があります。そして夜になると治安が悪い地域なのかどうかを知ることが出来ます。夜の時間帯の下見はいろいろな情報を与えてくれます。